FXはセミリタイアに向いているのか?

資産運用

どうも!ネトラレリーマンのnetoです!

最近はおバカキャラで有名な鈴木ななをCMに採用して、誰でもできる事をアピールしているFXの話です。

FXとは?

FXは「Foreign Exchange」の略で日本語では「外国為替証拠金取引」と言います。長いのでよく外為(がいため)の略称でも呼ばれています。 ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

日本円でドルを買って、ドルの価値が上がれば儲かる。逆にドルの価値が下がれば損をするって仕組みですね。

FXの最大の特徴はレバレッジができる事です。

レバレッジとはてこの原理とも言われ、少額の資産で多額の資産運用ができる仕組みのことを言います。例えば、1ドル100円の相場で、10万円でドルを購入する場合、レバレッジをかけないと1000ドルの運用になりますが、レバレッジを10倍にすると1万ドルの運用になります。

この状態で1ドル120円になると、レバレッジなしの場合は1000ドル=12万円で2万円の利益が発生し、レバレッジ10倍の場合は1万ドル=120万円で20万円の利益が発生するという事です。

レバレッジをかけることによって、素早く資産を拡張する事が出来ます。

ただ、もちろんリスクもあり、1ドル80円になると、レバレッジなしの場合は1000ドル=8万円で2万円の損失レバレッジ10倍の場合は1万ドル=80万円で20万円の損失になります。実際には、投資額の10万円を損失額が上回った瞬間に強制ロスカットされて、買ったドルは強制で日本円になり、そのまま没収されます。。。

FXやっていて強制ロスカット程恐ろしいものはない・・・

FXが巷で危険な投資と認識されているのは、レバレッジを高くかけて、一瞬で投資額を損失してしまう可能性があることが起因しています。

なぜか初心者程レバレッジ高くして冒険しちゃうんですよねー

わかりますw

スワップ金利

なかなかなリスクを含む投資のFXなんですが、意外とFXでセミリタイアする人も少なくないのです。その主たる方法がスワップ金利。

スワップ金利とは両通貨の金利の差額を利益としてもらう仕組みです。

FXでドルを買ったとしても別にそのドルで何かを買うわけではなく、ドルの状態で保有していれば、日本の銀行と同じで金利を得ることができるんです。ただ、海外の金利は日本に比べてとても優遇されています。

日本の銀行が0.1%なのに対し、

米国ドルは2.5%

イギリスポンドは0.75%

トルコリラに関しては驚異の24%!!

まじか!トルコリラにしてお金を預けるだけで24.0-0.1=23.9%の金利が入るという事!

仮にレバレッジを10倍かければ年利239%とかいう未知の領域に!!

1000万円で運用したら毎年2390万円手に入るとかいう、夢の数字です。

はい、世の中、そんなに甘くないですよね。

金利が高いというのはその通貨の不安定だという証でもあるんです。

こちらはここ数年のトルコリラ/日本円のチャートですが、見事に右肩下がりですね。

金利で利益が出ても元本自体の価値が下がっていってるので、むしろマイナスになる可能性もあります。


FXでセミリタイアはできる

ただし、通貨の下落の幅を見極め、レバレッジを適切な数字でかけることによって強制ロスカットされずに長期にFXで高金利通貨を保有し続け、スワップ金利で収入を得ることは可能です。

定期的に強制ロスカットされない様に微調整をすることによって、年利20%ほどの実績を出している人も身近にいます。netoはオーストラリアドルの2.5倍のレバレッジが程よい数字だと思います。

netoもFXのスワップ金利をセミリタイアの収入の一つとして組み込むぞ!

皆さんもセミリタイアの収入の一つとしてFXのスワップ金利を検討してみるといいかと思います!

それでは!そゆことで!

コメント