新札発行から見る日本の貨幣制度

お金に関するニュース

ども、ネトラレリーマンのnetoです!

今日、新札発行が発表されましたね!

「あれ?なんかついこないだ発行したばかりじゃなかったっけ?」

「新札発行してなんか意味あんの?.」

そんな人の為に今日は新札発行の意味をお伝えしたいと思います。😊

新札発行の背景

政府は9日、1万円、5千円、千円の紙幣(日本銀行券)を全面的に刷新すると発表した。2024年度上期の発行を目指す。1万円札の肖像画には渋沢栄一、5千円札には津田梅子、千円札には北里柴三郎を採用する。5百円貨幣も改鋳し、21年度上期発行の予定。

【ロイター通信 抜粋】

まず何故、このタイミングで新札発行が行われたかという点ですが、実はそんなに特別な事では無く、偽札対策で20年周期に新札発行することは恒例になってます。

逆に考えると20年は偽札は出来ないと言えるその自信もすごいなぁw

そしてサラッと仲間外れにされた2000札😅

対象外になった理由は、

「あまり流通していないから」

ひ、ひどい・・・w

一部、新札発行は年号発表に合わせたのか?と言う意見もありましたが、麻生大臣はそれを否定してますね。

まあ、確かに合わせる意味もないですが。

寧ろnetoは地方選の与党敗北をかき消す為にこのタイミングで発表したのかと思いましたよ🤔

我々国民は政府が何かを発表する時は必ず何か目的があると注意深く観察しないといけないですからね!

新札発行の影響

さて、2024年に新札発行されるとそれだけで数兆円の経済効果が期待されるとも言われています。

お札を新しくするだけで、自販機メーカーや紙幣印刷メーカーに特需が発生するので、関連会社の株は軒並みストップ高でしたね。

ただ、まだそこまで浸透していませんが、これから日本はキャッシュレス化を推し進めていくのでその経済効果は限定的になる事が予想されています。

せっかくお札になったのに使われなかったら津田さんとか可愛そうなので、電子マネーとかは是非新札のキャラを利用して欲しいところですね😆

これからの日本通貨

これからは日本はどんどんキャッシュレス化を推進していくので、今回の新札発行は最後の日本紙幣になるかもしれないと言う意見があります。

確かに次の刷新のタイミングは25年後なのでもうキャッシュレス化は完遂されてるかもしれませんね。

ただ、インドみたいにある日突然、

1万円は明日から使えません!

なんて事は流石にないとは思うので、ゆっくりと変化していくのではないかと思います。

まあ、紙幣でも電子マネーでもどちらでも良いから、お金は沢山欲しいなw

そゆこと!

コメント